学生時代に恥ずかしい思いをした時、脱毛したいと思いました

私は昔から毛深いことで悩んでいました。
特に学生の頃が一番大変な思いをしていたと思います。

体育でTシャツになったり、短パンのジャージを着なければいけなかったことです。

Intimfrisur , schnittwunden in der Bikinizone mit Wundpflaster versorgt手も足も毎日のように自己処理をしていましたが、それでもすぐにチクチクになっていたと思います。
毛が伸びるスピードも人より早かったと思います。

ある日、寝坊をしてしまい、体育がある日にも関わらず、毛の処理ができずに登校したことがあります。

しかも、その日はバスケットボールでした。
学生ですので、ボールにたくさんの人が集中し、ごちゃごちゃしてしまうことがあると思います。

試合中、私は一生懸命ボールを触ろうと頑張っていました。
途中で、「誰か、腕チクチクする!」って笑いながら聞こえてきました。

もしかしたら他の人かもしれませんが、その時は完全に私のことだと思いました。
「ごめんね」と笑いながら言えば良かったのですが、当時はムダ毛が本当に恥ずかしく、言えませんでした。

その出来事があってから、「足と手のムダ毛を脱毛したい。むしろ、ムダ毛なんで1本もいらない。」
と思うようになりました。

全身脱毛に顔が含まれているかがポイントです